コラーゲンとは

真皮・靭帯・腱・骨・軟骨などを
構成するタンパク質です。

コラーゲンはそもそも

腱や靭帯の弾力性を増す役割により

骨折などの予防に役立っているの
ですが

皮膚の弾力性や強度にも役立って

いるのです。

 

超低分子、吸収率90%のプルオイナノコラーゲン

一言でコラーゲンと言っても

人体におけるコラーゲンは

30種類以上あることが報告されて

います。

その中でも大量に存在するのが

I 型コラーゲンです。

I型コラーゲンは、骨に大量に

含まれ、骨に弾力性を持たせる

貴重な働きがあるのです。

骨以外に、皮膚の真皮にも非常

に多く存在し、皮膚の強さを生

み出す働きもあるのです。

 

超低分子、吸収率90%のプルオイナノコラーゲン

次に況織灰蕁璽殴鵝

況織灰蕁璽殴鵑脇霍に主に含

まれているコラーゲンで眼球の

硝子体液の成分なのです。

その他には血管内皮細胞を作り

上げているコラーゲンもあります。

コラーゲン配合と表記されている

化粧品や補助食品に多い成分が

「ゼラチン」です。

コラーゲンを高温で変形させた

のがゼラチンなのです。

ゼラチンはコラーゲンとは異なった

物理的かつ科学的な性質を示し

水に溶けるなどの性質があり

化粧品や補助食品に配合されて

います。

小百合でした

超低分子、吸収率90%のプルオイナノコラーゲン


Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://angel24.life23.versus.jp/trackback/1717

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

sponsor link

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM